読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

$ service ssh0 start

from everything import *

マウスのチャタリングがひどいのでソフト面で対応した

Ubuntu

最近、愛用しているトラックボール

(マウスじゃないじゃないか!)

Logicool - Trackman Marble TM-150

の左小ボタンがチャタリングで効かなくなってきたので

ソフトウェア面で何とかならないか調べてたら、

Linux 導入記(簡易メモ): チャタリングの解除 に移動

というのを見つけた。ただしUbuntuでは設定ファイルの場所が違う。

/usr/share/X11/xorg.conf.d/

に各デバイスの設定ファイルがあり、ここにTM-150の設定ファイルも配置する。

ボタンの割り当てなどもここで指定できる。

僕は

大きいボタン二つは普通の左ボタン、右ボタン、

左小ボタンは中ボタン(ホイールクリック)、

左小ボタンを押しっぱなしにしたままボールを転がすとスクロールエミュレーション、

右小ボタンは"戻る"ボタン、

に割り当てている。

ここに、先程調べたように、

Option "XkbDisable" "true"

を追加する。

たったこれだけで、左小ボタンの暴走(スクロールしようとしたら中クリックになる)

がなくなり、また最高の使い心地に。

設定ファイル全体は以下のようになっている。

50-marblemouse.conf

Section "InputClass"

Identifier "Marble Mouse"

MatchProduct "Logitech USB Trackball"

MatchIsPointer "on"

MatchDevicePath "/dev/input/event*"

Driver "evdev"

Option "SendCoreEvents" "true"

# Physical buttons come from the mouse as:

# Big: 1 3

# Small: 8 9

#

# This makes left small button (8) into the middle

Option "Buttons" "8"

Option "ButtonMapping" "1 9 3 4 5 6 7 2 8"

Option "EmulateWheel" "true"

Option "EmulateWheelButton" "8"

Option "YAxisMapping" "4 5"

Option "XAxisMapping" "6 7"

# To avoid chattering

Option "XkbDisable" "true"

EndSection

とはいえガタが来てるのは確かだし

気に入ってるからもう1個買おうかな...