読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

$ service ssh0 start

from everything import *

自分の中に流れる歴史を感じた話

あけましておめでとうございます。

年始は卒論の追い込みもあって実家には帰りませんでしたが、

あとでちょっと後悔しました。

しかし、東京で友人といい年越しが出来たので、それはそれでよし。

さて、挨拶も終えましたので、本題に。

今日は寒かったですね。大学から帰ってくる途中、道中の風景を見ながら感じるところがあったので、言葉に残しておこうと思います。

「こんなにも世界は美しい!」

呪文みたいに最近口ずさんでしまう言葉です。

この言葉は、自然に触れたときに感じることが多かったものでした。

しかし、そこでふと

「なぜ自然を見て美しいと思うのか?」

と自問しました。

- 「進化の結果の機能美があるから?」

歴史、長い年月の流れを感じたから、なのかもしれません。

東京を歩いていて、純粋な自然と触れ合うことは、殆ど無いでしょう。

それでも、考えてみれば身の回りのほとんど全てのものは、なにかしらの歴史をもっています。

道路も、車も、電線も。

服も、本も、ペンも。

自分もそうだし、社会もそう。

形になっていないものであっても、思想や考えも、すべて歴史を背負っています。

こう考えてくると、急に、まわりのどんなものにも、様々な人の思いがこもっているような気がして、

「美しい!」と思えるようになりました。

歴史の流れの中に生きていることの実感、というものなのかもしれません。

自然のあるところに行かなくても、歴史のあると言われる土地に行かなくても、

こんなにも世界は、美しい世界は、自分のすぐ近くにあるんだ、と感じました。

ある意味当たり前のことで、文章にしてみるとあまり面白みのない感想だなとも思いつつ、

しかしこの感覚は大事にしていきたいです。

自分も、過去の人々、今の人々と同じように、この世界のさまざまな要素に関して、自分の気持ちをできるだけ込めていきたいと思ったところでした。